FC2ブログ

2009-12

Latest Entries

多汗症について

多汗症とは…


汗の分泌量が異常に多く、体温調節に必要な範囲を超えているものを

多汗症」と言います。

緊張・不安などのストレスから交感神経が異常になり、体温とは関係なく
汗を過剰にかく病状である。

また、太っている人や甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の人などにも
多汗症は多くみられます。

多汗症の症状は、脇の下、手足、顔、頭部といった場所に多く現れます。

脇の多汗症

脇は、体温上昇や、交感神経の刺激で発汗しストレスなど精神的なものが原因となり、
汗が滴り落ちるほどの発汗をする部位である。

また、特に脇の下は身体と腕が閉じた状態が多く、汗をかきやすい場所の一つです

多汗症はあまり病気という意識は薄いかもしれませんが、
厚生労働省からも認定されていますので、
汗の量が多いだけで、痛みなどはないため、病気として扱われます。

多汗症は、不安・緊張など精神的なものが大きく関わっているようなので、
特に思春期頃から発症する事例が多く報告されています。

食生活や遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが原因といわれています。

また、わきがと多汗症は混同されやすいので、多汗症の人は自分の体臭を
気にする人が多いです。

手足に起きる多汗症

公の場に立った緊張や、人の視線により手の汗腺が刺激されて発汗する。
滴になって滴り落ちるほどで「手掌多汗症」と呼ばれます。

手術やイオン浸透療法などにより改善できます。
神経質になりすぎないようにする事です。

頭部の多汗症

頭部も体温上昇や交感神経の刺激で発汗する。
頭部は隠すことができないため、人の視線を感じて大量に汗をかくことで
多汗症であるとわかりやすい状態になる。

手や脇はある程度の努力で改善可能ですが、頭部は難しいでしょう。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

フリーエリア

 

プロフィール

こんけんぶん

Author:こんけんぶん
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

 

リンク

最新コメント

 

最新トラックバック

 

フリーエリア

 

 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

月別アーカイブ